携帯の留守電にメッセージを残して復縁するには

復縁したい相手の携帯の留守電にメッセージを残す時のコツ

喧嘩をした相手の声を携帯電話の留守録でも聞くのは、誰でも少し抵抗感があります。

いきなり怒鳴り出したり、色々グチグチ言われたり、泣かれたりされたらどうしようと思います。だから、聞くのも結構勇気がいります。

その為に、相手に留守電のメッセージを聞いてもらう為には、出だしが肝心です。

自分はもう許していますが、相手はそうでは無いかもしれません。まず第一声で「ゴメン」と謝りましょう。

そうすれば、相手も少し気を許して聞いてくれます。そして「お互い疲れていたんだよ」とか、「言い出すタイミングが悪かったんだよ」とか言います。ただし、この時に相手を責める口調はやめましょう。

とにかく、相手を傷つけないで、これからも楽しい関係でいようという事だけ考えているのをおすすめします。

その方が、自分自身も人として成長すると思います。自分が本当に喧嘩についてこだわっていないことは留守電の声の調子で相手に伝わるので、声も明るいトーンで録音することを心掛けます。

絶対に、喧嘩や日常的なトラブルの原因究明だけはしては駄目です

直接喧嘩を蒸し返すような事は避ける話の展開を作りましょう。

携帯で復縁をする為には、それで良いのです、人と人との間の喧嘩の原因はたいして意味も無い事が大多数なので、取りあえず少しでも関係を修復出来れば、それ以外の理由は要らないのです。

とにかく、携帯で復縁をしたいのであれば、「何故こうなったのか」という事を原因究明する事だけはやめましょう。

自分にはこの問題は解決出来ないから喧嘩になったのであり、それを解決出来るのは時間の経過だけだと思い込みましょう。

逆に相手の趣味や仕事をねぎらうメッセージを入れるとか、おはようやおやすみの挨拶程度のメッセージで相手が電話を掛けてくれるのを待ちます。

もしくは、携帯に毎日留守電を入れていたら、そのうちに相手がそろそろ掛かってくる時間だと思って、電話に出てくれるかも知れないのです。

ここまで待つにはけっこう忍耐力がいります。電話に出てくれないからと言って携帯の留守電に、いつになったら電話に出てくれるのかとか、留守電を聞いているのかと言ったことは相手を責める口調につながるので避けます。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら