復縁したいなら相手に連絡するのを忘れない

冷却期間を置いてから復縁の連絡をする

復縁したいと思っていても、いじいじ考えているだけで相手に対して何もしていないのは、やめた方が良いです。

何故なら、連絡もしないで復縁の手順ばかり考えていると、いざ行動に起こした時には、時はすでに遅いと言うことがあるからです。

相手がまだ連絡を期待して待っている時に復縁の連絡をすれば良いのですが、相手がもう二度と連絡は来ないのだから別の人と恋をしようと思い始めたら黄色信号です。

さらに、もっと遅く連絡をして、すでに新恋人が出来ていたら、もう手遅れです。

その為に、喧嘩別れをしても、少しして冷却期間を置いて自分がやっぱり復縁をしたいと思った頃に、一度きちんと連絡を入れてみます。

きっと相手もその頃なら、やっぱり喧嘩しなければ良かったと思っている可能性があるからです。

だいたいそれまで仲良く過ごして来た恋人達が、ささいな言い争いから別れた場合は、自分が反省した頃に相手も大抵反省しています。

その時の流れを掴んでしまえば、復縁に手が届きます。相手にもプライドや意地があるはずなので、その時にいきなり飛びつくように復縁をオッケーはしないかも知れません。

しかし、次も連絡をして携帯電話に出たりメールを返信したりしてくれば、それは成功と言って良いです。

電話は相手が望んでから連絡はメールで

さて、復縁するのに第一回の連絡は、そんな感じでしますが、次はどうしたら良いのでしょうか。

次は、メールなら返信があれば即返信します。また、携帯電話の連絡の場合は、相手の仕事や生活リズムもあるので、余り頻繁にすると、また喧嘩の原因になります。

人は疲れている時に、電話で話すのはけっこうこたえます。メールとは違うので、疲れている声が、自分に対する嫌な感情の現われなのかと思って誤解もします。

そうなってしまっては、せっかくの復縁路線も水の泡になってしまいます。その為に、メールは毎日続けて、電話はメールで相手に都合を聞いて大丈夫そうならする位が良いです。

どちらかと言うと電話は1週間に1度位で良いでしょう。相手が「寂しいから、声を聞きたい」位のことを言うようになってからでも問題はありません。

このセリフを言わせれば、ほとんど復縁は成功したと言って間違いはないはずです。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら