贈り物をして復縁の可能性をチェックしてみる

相手の家に花を贈ってみる

贈り物をもらうと言うことは、通常なら誰でも嬉しいと思ったら、実は違います。

特に女性の場合は、男性から贈り物をもらうことはリスクにもなります。何故なのかと言うと、贈り物をもらったと言うことで恋愛関係になる可能性を示唆するようなものだからです。

だから、女性は恋愛関係になる可能性がない男性からは贈り物をもらわないようにします。

それが復縁目指して贈り物を渡すなら、余計に相手が警戒をしていることを覚悟しておく必要があります。

それでは、やっぱり贈り物をすることも出来ないのかと言うと、そうではありません。贈り物でも高額な物や大きい物はやめます。

花も外で贈るのは、微妙です。何故なら、高額な指輪やアクセサリーはへたをすると相手に婚約をしたと思われてしまうから女性は受け取らないからです。また、大きい物や花は持って帰るのが大変です。

しかし、ここで花でも良い贈り方のパターンがあります。それは相手の家に花屋さんの配達やネットの配達で送ることです。

これなら、相手の家に送るので、相手には拒否することが出来ないです。

拒否することが出来ないと言うのは、相手の都合を考えずに自分が勝手に送ったのだから、後は飾っても捨てても好きにして下さいと言う意味も含まれています。

実際、送った後でどうなっているのかは送り主には判断が出来ません。

贈り物をしたら相手の反応を待つ

さて、花を贈ったけれど、その後は何もしないのかと言うと、これは相手からの反応を待つ方が無難です。

もちろん花束にはメッセージカードを添えて贈るのが当然になります。ここに相手のことをまだ好きだと言う気持ちを込めるのです。

勝手に送られて来た花束なので、捨てようと思えば捨てられるのですが、女性はなかなか花は捨てられないのです。

そこに『今でも君のことが好きだ』と書いてあるメッセージが添えられていたら、やはり気持ちは揺れ動くのが人情です。

相手の家には、送った花束が数日は飾られているでしょう。すると、毎日その花とメッセージカードを見ている相手は次第に復縁しても良いかと思うようになります。

『ありがとう』なんてメールが届いたら、そこですぐに返信をして復縁の突破口にします。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら