相手が復縁したくなるメールの内容とは

復縁したくなるメール最大のポイントは、『さり気なさ』と『ちょっと優しい』です

そもそも、恋人と別れたくなるような事態とは、関係が悪くなってしまっているという事です。そんな時に真剣なメールを送られても、相手は困ってしまいます。

困惑して「じゃあ、具体的に君は何が変わったの?」という話になってしまいます。これは逆効果です。

そうならない為には、サラッとした一言が大切です。「今日は雨が降っているけれども、体調は悪くない?」とか、何でもない事なのに、ほんの少し心に響くような言葉が、実は復縁をしたくなる言葉です。

相手を気遣うようなメールが心に残り、相手の心の中にメールの文面が残ります。そして、何気ない日常を送っている時にふと優しいメールだと思い出してくれます。

また、会社や学校でつらいことがあった時には、とても効果があるメールです。「実はとてもつらいことが会社であったの。だから体調も悪くなって・・・」なんて頼りたいと言う思いが詰まった返信メールが届くかも知れません。

復縁メールに大切なのは、何気ない日常的な優しさだという事ですね

人が人を好きになるのに理由が無いなら、別れた相手と復縁するのにも理由なんてありません

復縁が失敗に終わってしまう最大の理由は、復縁をするのに理詰めで考えて逆効果の復縁メールを送信してしまう事です。人は、言葉にはならない想いで、人に恋をするのです。

ですから、その人を大切に思っているのであれば、日常的であたたかい復縁メールを出してあげましょう。

その人が自分の事を、もう一度必要だとほんの少しだけ思ってくれるような文面のメールが良いです。

理屈で「君のここが悪いから直してみたら良いと思う」なんてメールは絶対に出してはいけないのです。

人は優しくするのは苦手な生き物です。特に恋人同士だと好きな気持ちよりもプライドやはずかしい気持ちの方が先になります。

自分を理解して欲しいと言う気持ちが我儘で空回りしてしまうのです。

でも、冷静になって落ち着いて考えてみれば、自分が欲しいと思う言葉を選んでメールをすれば、きっと良い復縁メールになります。

「何かつらいことがあったら、いつでも力になるよ。嫌なことを言われたなら自分がみかたになるから大丈夫だよ」そんな励ます内容のメールでも相手の心には響きます。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら