復縁したいけどこれ以上相手を怒らせる危険を犯さずにアピールしたい

喧嘩の原因と理由を分析して平謝りに徹する

復縁したくても、さらに相手を怒らせたらどうしようと思って連絡が出来ない人は多いはずです。

しかし、どうせ怒らせて別れることになったのですから、余程のことがない限り、これ以上怒らせることはないはずです。

もちろん、以前の喧嘩の内容をさらに分析した結果「やはり君が間違っている。君のこういうところを直さないと、他に恋人も出来ないだろうから、自分が仕方ないから復縁してやる」みたいな上から目線のことを言ったら、間違いなく相手から着信拒否や受信拒否の扱いを受けます。

同じ分析をするなら、相手が何を言って自分が何と言ったから別れることになったのかを真剣に思い出してみます。

すると、相手が何に対して怒ったのかが分かります。すると原因から理由もおぼろげながら見えて来ます。これが分かれば問題につながるような発言を控えれば良いのです。

間違いなく問題発言だけをしなければ、相手にとって自分はすでに嫌になって別れた相手なので、それ以下になることはありません。

少しでも反省の色を見せて、心を入れ直して良い人になりましたとアピールして行きます。最初はただ「ごめんなさい」と平謝りな態度を見せることも大事です。

相手に許してもらうには鏡の前で笑顔の練習をすること

まずは謝り続けることで、相手も少しは話しを聞こうと言う気持ちが芽生えて来ます。そこでさりげない優しさや笑顔で対応をすると効果的です。

だいたい復縁をしようとする人は、相手が自分の態度を見ていることにかなりのプレッシャーを感じています。

本当は怒っていないのに、自分の表情が怒っているように見えると言われることがある程に、緊張感がみなぎっています。

しかし、人はそんな表情を見ると『この人と復縁しても本当に幸せになれるのだろうか?』と思ってしまいます。

そこは、多少わざとらしくても良いので、良い人や機嫌が良さそうに見えるように、笑顔を見せることです。

しかし、引きつった笑顔は逆効果なので、相手に話し掛ける前に鏡の前で笑顔の練習をしましょう。

人は、丁寧に謝ってくれる人と笑顔の人は拒みにくい性質があります。

ここに相手に対して丁寧な言葉で話し掛ければ、さらに相手の気持ちは和みます。

こうすることで、さらに相手を怒らせる危険は回避されます。そして、徐々に気持ちを許してくれるので、復縁への道が開けます。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら