喧嘩が原因の時は冷却期間を待ってからメールする

喧嘩が原因で別れてしまった時には、お互いに傷を癒すまでの『冷却期間』をとりましょう

意外と、喧嘩が原因で別れ話にまで発展してしまった時というものは、お互いに傷ついているものです。

しかし、意外と喧嘩の最中には相手も傷ついているとは認識出来ないものです。自分だけが相手にひどいことを言われたと勘違いをしています。

だから、自分には非がないと思っています。だから、話せばすぐに分かり合えると勝手に勘違いをしています。しかし、これは間違いです。

しかし、大喧嘩は意外と普段大の仲良しで相性が良いカップルに起こりがちです。何故かと言うと、元々仲が良く無いと喧嘩にまで発展しないからです。

ですから、お互いに精神的なダメージを負ったままでメールで話し合っても、何も解決せずに傷つけあうだけになってしまいます。

そうならないようにする為には、自分から主体的に物事を解決するのでは無く『時間』に物事を解決して貰うようにしましょう。

復縁を確実にする為には、冷却期間の間に自分を磨いておきましょう

喧嘩をした事から学んでレベルアップをしていなければ、復縁しても結局また喧嘩になります。

そうなった時には、傷はもっと深くなります。その為に、冷却期間の間に自分磨きをします。

すぐにメールをしたりすると、また次も同じことをされるのかと相手は思ってしまいます。

こちらが悪いにしろ、相手が悪いにしろ、必ず自分が変わる部分は変わらなければ、相手は決して変わる事は無いのです。

恋人同士は鏡のようなものなので、自分の態度や話し方に相手が鏡のように反応を返します。優しければ優しく、厳しければ厳しくです。

恋愛で喧嘩の冷却期間というものは、復縁の為の準備期間と言っていいでしょう。

その間に、もう一度自分自身を冷静に見つめ直し、自分にどのような悪い部分があったのかを時間をかけてじっくりと考える事です。

そして、その行動の誠意は必ず相手に伝わります。自分の悪い部分と、相手が何を訴えたかったのか理解したら、メールをしてみます。

分かってからメールをすれば、相手も自分がどこか変わったと理解してくれるはずです。そこから復縁の糸口をみつけます。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら