相手が寂しいと思う時間帯に狙って着信を残してみる

友達が沢山いても、孤独感を感じる人はいます

復縁をしたいと思ったら、きちんと着信を残す時間を選ばないと成功しないです。

それは、人間は、友達や恋人が欲しいのでは無く、理解をして貰いたいのです。

その延長線上として恋愛があるのであって、最初から『恋愛ありき』では無い事に注意しましょう。

つまり、友達と遊んでいたり、家族との時間を楽しんでいる時間に電話を掛けると逆にウザイと思われます。

また、仕事中にしつこくすると本当に嫌われます。たまに復縁をしたくて、会社の代表電話に電話を掛ける人や、会社に押し掛ける人がいますが、これは復縁はまず無理になるので、やめましょう。

相手が寂しいと思う時間に、自分が相手の理解者になる為のアピールとして着信を残しましょう。これには、幾つかのパターンがあります。

通学や通勤で家に帰宅する途中のひとりの時、帰宅時間後に部屋でひとりの時、夜寝る前となります。

ただし、恋人の間にだいたい相手の生活パターンを理解しておく必要があります。そうしないと、逆に迷惑な時間に掛けてしまいます。

だいたい寂しい時間は夜寝る前となりますが、この辺りもしっかり相手が眠る時間を把握しておく必要があります。

相手の都合を『考える』のでは無く、『理解してあげる』と嬉しいです

復縁で携帯に着信を残すというのは、広い心でしなければなりません。自分が相手を受け入れた上で「今、あなたに出来る事はありませんか」という、相手を『受容』する、包み込む心です。

人間は誰だって社会ではなかなか理解して貰えません、けれどもその孤独感を癒してくれるような人と恋愛をしたいと思うのです。

つまり、外から帰宅する時間帯から眠るまでと言うのは、一日にあった出来事で疲れている可能性があります。

そうすれば、寂しくて理解してもらえる相手からの着信なら喜んで出てくれます。

しかし、復縁をしたいと言うことは、そんな相手の寂しさや気持ちを理解してあげられなかった結果なのです。

優しく包み込むように、自分が疲れていても復縁したいのなら、自分の疲れを一切見せないで懐の深いところをアピールしましょう。そうすれば、そのうちに相手も折れてくれます。

【男性】本気で復縁したい方はこちら
【女性】本気で復縁したい方はこちら